大学生の頃、私には好きな人が2人いました

1人はお付き合いをしていた彼(A君)ですが、もう1人はA君の友達です(B君)。
はじめに、友達の紹介でB君と知り合いました。B君は背が高くて、顔もかっこいい。服装もお洒落で明るく、女の子にも人気がありました。最初は私のひとめぼれでした。そして、思い切って誘ったデートの帰りにお酒を飲んで酔っ払った私は、B君に誘われるまま、ベッドをともにしてしまったのです。
「付き合おう」と口に出したわけではありませんでしたが、彼も私のことを好きなのだと思っていました。けれど実際は、その時B君には付き合っている彼女がいたのです。私はそのことを知りませんでした。でも、一度抱いてもらった温もりは忘れることが出来ませんでした。
私は気持ちを抑え切れず、A君に相談しました。B君を忘れられなくて、忘れようとしても好きな気持ちは止まらなくて、どうしようもありませんでした。何度も泣きながらA君に相談していたのですが、ある日「今はBのこと忘れられないかもしれないけど、俺はお前が好きだ」と言われて、迷いましたが気持ちを吹っ切るために付き合うことにしました。

風俗アルバイト新規登録

若くて、可愛くて、スタイルも良いおススメの女の子を指名したいです。

デートクラブ・交際クラブ登録

貴方がお探しの理想の交際クラブ

おすすめ!=梅田風俗店紹介!